One of Bassers.

アクセスカウンタ

zoom RSS 愚痴。

<<   作成日時 : 2006/06/26 02:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

ジーコジャパンについて。

こんな事を言うと、「素人が何を言っても仕方がない、余計なことを言うな。」と言われるだろう。
でも…書かないわけにいかないッショ。

まずはじめに、
ジーコは、サポーター以上には、日本代表を愛していない。

なぜなら、本戦開催前まで、8強入り、優勝すら視野に入れて発言してきた。
にも拘らず、グループリーグ敗退後の会見で
「プロ意識が足りない、体が小さい、1対1に弱い」と言い切った。
この結論を出す為に、ワールドカップという舞台を使う必要があったのだろうか。
決してそうは思わない。
たったこれだけの結論を出す為に4年間が必要だったのだろうか。
答えは、NOである。

また、「日本と韓国は熟成していない。」と言って放った。
これまでのジーコの発言からは、掌を返したような発言ばかりが聞こえてくる。

世界サッカーから見たら、日本と言う片田舎でこじんまり4年間を過ごしていたことになるのかも知れないかつてのスーパースター。
その彼が、監督としてはじめてワールドカップの舞台に立ち、注目の中で結果を出したい事は理解する。
様々な甘い言葉で、選手やサポーターを有頂天にさせ、誤解させ続けてきた。

しかし、その舞台で結果が出せなかった。
その彼が発した言葉は、
「我々のチームに、ロナウドが居れば結果は違った。」
そんな事は、ロナウドがユースの時代から分かりきっている。
「ロナウド=一瞬にしてゲームの流れを変えられる選手…がいない」という意味だとしても、
それだって、4年前から分かっている。
にも拘らず、こう言う真意は何か。

4年間の監督在任期間の途中、おそらく彼の中で
「このチームに勝てる力がない」
と言う結論があったのだろう。しかし、任期中に辞任しなかった。
ジーコ自身のプライドが邪魔したのかもしれない。
しかし、そのプライドは、
「名プレーヤー」としてのプライドであって「名監督」としてのそれではない。



監督であるジーコにこそプロ意識の欠如を自覚していただきたい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
サッカーコラムならココ。
http://takoashi.air-nifty.com/diary/

感覚が合えば、悶絶必至です。
ノラネコ
2006/06/29 14:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
愚痴。 One of Bassers./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる