One of Bassers.

アクセスカウンタ

zoom RSS 昨日のエントリーに関連して。

<<   作成日時 : 2006/06/29 23:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 3

きょう、茨城県の農林水産部に問い合わせしてみました。
電話でのやり取りで、特に記録を執りながらというわけではないので、多少記憶違いのところもあるかもしれませんが、ご容赦ください。

質問の主旨は、
「茨城県としては、バス釣りを目的とする釣り人が、遊魚料を払うことについてどう考えるか?」
「仮に、中学生など自己の収入がないものに対して、漁協が遊魚料の徴収を強制した場合どう対応するのか?」

と言うものです。

茨城県農林水産部の見解は、私の記憶が正しければ、概ね以下のようなものでした。

「茨城県の内水面(霞ヶ浦の流入河川で、漁業権を設定しているのは、桜川・小野川・新利根川の3河川のみだそうです)を管理する立場としては、基本的にオオクチバス、スモールマウスバスについては、根絶を目指し様々な行動をとっている最中であり、霞ヶ浦については、その生息数をかなり抑える事が出来ている。このバスを、遊漁の対象として継続的に利用しようとする事については外来生物法の趣旨からしても認めるつもりはない。したがって、魚種認定もありえないし、遊魚料の徴収についても積極的にどうこうしようとは考えていない。バスを釣る為の漁具や漁法についても、埼玉県や群馬県のように明確な意思表示はしないが、もともと居なかった魚がどういうわけか棲息している状況については、良しとしない。その上で、河川の釣りについてバス釣り愛好家が、自発的に遊魚料を払おうとすることについては拒む理由がないが、積極的に徴収しようと言う意思もない。各漁協の臨機応変な対応に委ねる。」

と言うことで、遊魚料について曖昧にしたままの見切り発車は、
「結果オーライ」なのか、はたまた、「勇み足」なのか、今後の行方を見守りたい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
釣り堀に無許可ブラックバス 環境省は「審査中」と容認
釣り堀に無許可ブラックバス 環境省は「審査中」と容認 2006年06月29日09時17分 asahi.com ...続きを見る
釣りの行方
2006/06/30 08:37

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
しばらく様子見してたけど、なんか反応薄いですね。

これからのバス釣り、さらに釣り全体の未来を考えた場合、前回から続くこうした論点は結構重要だと思うんだけどなぁ…。

それは周知の事実なのか。
無関心を装う無気力なのか。
CHAOS-DIVER
2006/06/30 20:40
なかなか興味深い回答なんで、2chにて晒しませんか?
私がその役、代行してもよかです。
つーか、晒してえ・・・・・・(w

2006/07/01 02:24
ブラさん、こんにちは。

私のブログの記事を2ちゃんねるで取り上げ手頂けるのでしたら、大歓迎です。
まぁ、バス問題総合スレに限定ですけど(w
One of Bassers.
2006/07/01 11:42

コメントする help

ニックネーム
本 文
昨日のエントリーに関連して。 One of Bassers./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる