One of Bassers.

アクセスカウンタ

zoom RSS 「人生雑感」…武者小路ではなかろうに…。

<<   作成日時 : 2006/12/20 22:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

バス問題を考える上での大前提は「外来生物法」の遵守。
「外来生物法の是非を問う時代は当に過ぎた。
キーポイントは、「飼養等の禁止、拡散の防止」。

これらをクリアしながら、バス釣りを楽しむためにはどうしたら良いのか。
ここで、「バス釣りなんかアカンやろ」としてしまっては、バス問題で有り得ない。
では、そもそも「バス問題」とは?
そう、「バスによる被害」を被る立場と、「バスを利用」しようとする立場の対立であり、その根源は、「利用者」の無節操な願望によるものである。
これをある人は、
「正義が駆除する側にある以上、「擁護」する側にはやり場のない思いが募るわけで。」
となるのである。
ただ、社会は、正しい事だけで成り立ってはいない。また、間違った事だけで成り立ってもいない。
様々な利害や感情に振り回されながら、徐々に徐々に正しい方向へと調整され導かれているのである。

では最近の事例から話を始めてみよう。
「とある灌漑用水用のため池で、カイドリによるバス駆除の作業中、流失防止用の施設が壊され多くのバスが下流域に流失した」
というものである。
これについては、
「駆除派」から言わせれば言語道断。
「バス擁護派」からすれば、「誰がやったか・その目的」も断言できない。
となる事だろう。

仮にバス利用者の愚行によるものだとしても、
ここで問題なのは、
「何が、誰が、どのような力によって揺り動かされ、実行してしまったのか?」という背景の部分では無かろうか。

バス利用者は、
「全国津々浦々、限りなくバスが生息していて欲しい」と考える。
また、駆除派は、
「国内いづれにも、一匹たりとも生息していて欲しくない」と考える。

利用者の思うそれは、国内において叶うはずの無い夢・妄想である事に間違いない。
また、駆除派のそれも、現時点においても近未来においても、浮世離れした話である事に間違いない。

そこに必要なのは「調整」であり、「現実的な解決策」の模索である。
ただ、この「調整」という作業が、果てしなく「厄介な物」である事も否定できない。

例えば、「モラル」・「罰則」を謳うだけで解決できるのだろうか?
また、「法律改正」によって、全てが解決できるのだろうか?
「法律改正実現のために」誰かが行動をとるのであろうか?
おそらく、答えは「No」である。

「罰則や法に頼ることなく、解決できる道は無いのだろうか?」
と再考すべきである。

その具体策とは・・・また後日。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
水抜き作業中に外来魚流失防止ネットが外された件で、例えば外した人間がバス釣りをしていたら、やっぱり「バサー」が悪いとなります。逆に、自称「駆除派」の自作自演だったら(個人的には考えにくいのですが理論上の可能性の問題です)、それでもバスがいるから悪いとなるでしょう。
本来、実行者の立場など関係なく問題となっているのは行為であり、その結果です。ならば、誰が見ても「異論」など出ようはずも無い犯罪であり、実際に被害が出ている事例についてこれでは結局、何が悪かったのかが検証されることは無いでしょう。
「出来るからすればいい」というのは非常に卑怯な理屈で、誰であれ「ネットが外せるから外した。」「非難できるから非難した。」というのはスジを通したことにはなりません。少なくとも現代の民主主義を基調とした社会では正義ではありません。目的は手段を正当化しないのです。
相手のスジを正したければ、まず自らが正す必要があるでしょう。何の役にも立たないシュプレヒコールは聞き飽きました。現実的な話がしたいです。
CHAOS-DIVER
2006/12/22 00:53
「思いが募る」ではなくて「想いが募る」ですかね。
推敲がたりませんね。
ノラネコ
2006/12/23 01:08
あけましておめでとうございます。
なんだかゼゼラ氏のような発言ですね。
ちょっと懐かしいではないですかw

究極的な姿勢と、とりあえずの至近的な対応策はまた違うものであるというのは、まあゼゼラ本に対する非難ではありましたが。

R. f
2007/01/03 00:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
「人生雑感」…武者小路ではなかろうに…。 One of Bassers./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる