One of Bassers.

アクセスカウンタ

zoom RSS 最近思う事・・・そのB

<<   作成日時 : 2007/02/17 22:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

●「バス釣り人から見るバス問題」について

・バス問題と呼ばれる社会問題。
「バス利用者」と「バスの食害による在来希少種の保護、在来種の商業利用を推進したい者」との間に於いての利害の対立。
・特定外来種に指定されたことの意味。
国家により、「バスの食害による在来種の減少を食い止めたい者、在来種の商業利用を維持・推進したい者」の利益を守ろうとする判断が下されたと言う事。
こうした状況に至った最大の原因は、バスという魚が、「必要とされる水域」だけでなく、「バスが居ては困るとされる水域」にまで拡散してしまった事。つまりは、「コントロールできない肉食生外来魚」であった事。

では、今後、バス釣り人として「バス」とどの様に関わっていくことが必要なのか?

選択肢は、ふたつ。
1、これまで同様、自らバスの拡散に手を貸すようなことはしない。また、魚種認定を受けている漁協・既存の管理釣り場の経営者以外は、バスを商業利用せず、既存の生息水域で、個人の趣味としてのバス釣りを楽しむ。
2、バスをコントロールするためのシステムを構築し、積極的にバスの生息水域をコントロールした上でバス釣りを楽しむ。

「1」については、組織立った行動は必要ないというお手軽さの反面、将来的にバス釣りが継続できる保証は無い。
「2」については、全国一律の規制を敷く必要性の有無、コントロールのための具体的なシステム作り、利用可能水域の選定など、バス釣り人(利用者側)のみによって提唱することも実行することも不可能で、行政・地域住民・学識経験者・研究者・漁協などとの協力関係を築く必要がある。もちろん、バス釣り人(利用者側)も何らかの組織として責任を持って発言できるような体制作りが必要になる。

私は、2を選択したい。

では、どの様にして進めていけば良いのだろうか。
これまでの議論の中で、「コントロールするための財源の確保をどうすべきか」については、D-J法やライセンス制度といったところが紹介されてきたが、その言葉に惑わされ、その中身については突き詰めた議論までは発展しなかった。なぜなら、本質的にコントロールすべきは、「財源」ではなく、「バスという魚の生息水域」と「バス釣り人の利用可能水域」であるからだ。この部分を抜きに議論しても、論点が「漁業法や税制、遊魚制度の見直し」にまで及び、「バスを釣り対象魚として利用しようとする事自体」が矛盾点となってしまうためである。

「バスを釣り対象魚にするために法律を制定したり、改めたりする事の必要性」が問われてしまうのである。
言い換えれば、
「漁業法や税制、有魚制度の見直し」といった議論になった場合、そこに「バス釣り」が入り込む余地は無くなってしまうと言う事だ。
これは、バス釣り人である私の望むところではない。

もう少し、「バス釣りをソフトランディングさせる方法」は無かろうかと考えてみたい。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
少し前にバス駆除にかかわる機会がありましたが、
溜池のような小さな水域一つ駆除するのにもえらい努力と根性、時間が必要なのに、
それがおそらくは全国的に何千、もしかすると何万とあり、
さらに広い水域があるという恐ろしい現実・・・。
しかし現状では少しずつやっていくしかないというやはり恐ろしい現実・・・。
この状態を何とかできる道筋がつかないと、
バスをコントロールして楽しむという言葉がものすごく非現実なものとしてしか聞こえないのが正直な感想です。
コントロールできる日、それをどれだけ待ち望んでいることか。でもまだギルが残っているんですけどね。
せめてC&Kがもう少し広まってくれないかと思う日々です。
R. f
2007/03/14 00:04
R. f さん、こんばんは。
こちらではお初かと思いますが、今後ともよろしく御願いします。

>この状態を何とかできる道筋

そこが最も重要なことは間違いないでしょう。ただ、そのためには、駆除の必要性の緊急度を把握する必要があるのではないでしょうか。そして、優先順位の高い場所から駆除作業を継続する事によって確実に結果をだし、モチベーションも保ってゆく。そのためには、多くの学識経験者の議論が欠かせません。そして優先順位の低いところをバサーに一時的に活用させる事とバーター的に優先順位の高い場所での駆除に協力させられるようなシステムが出来ませんかね?
One of Bassers.
2007/03/17 00:21
>こちらではお初かと思いますが、今後ともよろしく御願いします。

そうでしたか。あんまりどこに初めて書くとか意識していませんでしたので失礼いたしました。よろしくお願いいたします。

緊急度の把握も必要ですが、それと並行して出来るところからどんどんやっていかないと終わりが見えないですよ、これだけ生息地が多いと。緊急度の議論は学識者のお仕事であってバサーのお仕事ではない気がしますし。

それはそうとバサーがバサーとして駆除に協力とはいったい何をすることととの想定なのかちょっと聞いてみたい気はしますね。
さらに言えばここにいたっても問題の当事者であるはずのバサーの方々の多くは、見返りがないと協力してくださらないのか、とも。
R. f
2007/03/21 01:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
最近思う事・・・そのB One of Bassers./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる