One of Bassers.

アクセスカウンタ

zoom RSS もしや、大変な事になったりしませんか。

<<   作成日時 : 2007/05/21 22:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

前回のエントリーの内容が、万が一、万が一ですが、悪い方へ悪い方へと転んで行った場合・・・。

あくまで仮定の話ですが、

●某団体のオーナーというか主宰者は、某釣り人団体や某振興会の役員であるから、外来生物法については熟知している。
●某団体のトーナメントに協賛金を支払っている冠スポンサーとなる企業は、ほとんどが釣具業界であるから、外来生物法についてもトーナメントのレギュレーションについても熟知している。


こうした事柄を前提に、プロおよびアマチュアのトーナメントをこれまでのような形で開催している場合、「過失」という言葉が当てはまるのだろうか・・・?
それ以上に、現場の運営スタッフ達は、その責任が、自らや所属団体に及ぶ事はもちろん、○釣振や○釣工、○釣り協、釣魚○員連盟にまで道義的責任を追及されかねない事に気づいているのだろうか。そうなったらエライ事である。バスフィッシングの商業利用の道が絶たれる事にも成りかねない事態です。

と、こんな事を考えてみたりもしています。


まずは、現場を任されている大会運営スタッフの皆さん、今からでも遅くはありません。
本気になって、改善策を考えましょう。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
病気療養中の某有名バスプロの最新のコメントから引用します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今年のTOP50は昨年からの念願だった北浦スロープでの霞水系全域開催が実現し、(中略)また一つビッグで新鮮な湖での開催が可能になったことはとても嬉しい。(中略)そしてご協力頂いた(株)XXXX様、XXXX様に心から感謝したい。その試合に自分が出られないことが本当に残念である。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

病床での彼は「霞水系全域」を舞台としたトーナメントが外来生物法違反の可能性高しということを知る由もなく…。

マジで大変な事になるんじゃないですか?
今頃から舵を切って間に合うんでしょうか?
それともまた(!)第一戦中止とか…。
ノラネコ
2007/05/22 01:22
ノラネコさんの危惧されるところを乗り越え、万全な体制でトーナメントは開催される事になると信じますよ(w
JBとJBCCの共同開催となれば、良くも悪くも一石二鳥ですから。
「バスフィッシングの未来を占う一大イベントを企画運営されるスタッフの皆様が賢明なご判断をされますよう期待しております。」とだけ言っておきます(w
バスフィッシングは、トーナメント団体のためだけにあるのではありませんから。
危険回避策程度であれば、業界の知恵袋と化した前スレ氏がお考えになるでしょう。
One of Bassers.
2007/05/22 01:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
もしや、大変な事になったりしませんか。 One of Bassers./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる