One of Bassers.

アクセスカウンタ

zoom RSS 緊急? 外来生物法…実は未だに出来上がってませんでした。

<<   作成日時 : 2007/06/04 19:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 7

にちゃんねるで最近話題に上っている「外来生物法違反疑惑」について関係省庁に問い合わせてみたので大まかではありますが報告致します。

まずはじめに、切実な現実についてお伝えいたします
セイヨウオオマルハナバチやアメリカンチャネルキャットフィッシュの利用を制限されている関係各位にははなはだ申し訳ないレポートにならざるを得ない事をあらかじめお詫び申し上げます。
また、以下の応答については、何ら記録媒体を利用しておりませんので、私の記憶の範囲でのものであります。ご了承下さい。
皆さんはこれを読んで、どうお感じになられますか?


オオクチバスの扱いについて。
●環境省の見解
オオクチバスについては、環境省単独(主務省でありながら)で合法・違法の判断が出来ない仕組みになっている。例えば、「釣り大会開催時の注意点」というページ一つ作るのに、環境省と水産庁が合議しないと決まらないシステム。もちろん、その変更も然り。
日釣振の要求は簡単に呑めないが、要望として受け止め検討しなければならないため水産庁と調整中である。


●水産庁の見解
例の但し書きである、「国土地理院の云々…」の行は、環境省が独断(環境省並びに水産庁とも認めている)で書き添えている。
B水産庁としては、以前から、上記の「国土地理院云々…」の行は削除するよう環境省に要請(その根拠は、・釣り人の実情を踏まえた上で、今後新たな問題を発生させる懸念がある。・魚は地図の境界線などわからない。・日釣振から、釣り大会を運営する上で検量所を複数設けなくてはならなくなる費用負担が増大する等の意見がある)しているが、対応してもらえない。


で私から環境省への質問に対する答え
Q1、合法・違法の判断についての問い合わせに即答できない事については、主務省としてどう考えるのか?
A1、国民に対し大変申し訳なく思う。
Q2、結論を出すまでの間にも、疑わしい形で開催される大会があるが、これらが、今後に及ぼすだろう影響についてどう考えるのか?
A2、水産庁との間で、早急に調整したい。

で、私から水産庁への質問に対する答え。
Q1、釣り人の実情を踏まえ、河川・湖沼の呼び名で境界線を設けることに反対の理由は?
A1、釣り人がボートで移動できる範囲であれば、魚を移動しても取り立てて影響は無く、釣り人の間で混乱を招くと予測できるため。
Q2、外来生物法法が施行されてから二年になりますが、「河川・湖沼の呼び名での境界線」が問題視されているのは霞ヶ浦水系だけではないでしょうか?
A2、今のところ他では聞きません。
Q3、であれば、、「河川・湖沼の呼び名での境界線」が問題なのではなく、今回、日本バスクラブによって開催されるような状況だけが問題視されるものであり、一般的な釣り人が、河川・湖沼でキャッチアンドリリースする事を考えれば、呼び名が境界線であってもさほど拘る事ではない。一般人では使えないような超大型のボートを利用しなければ北浦から霞ヶ浦までの何十キロもの移動など到底出来ないし必要性を感じないが、これは、霞ヶ浦水系のバスを商業利用する団体だけを特に優遇するための策ではないか?
A3、そんなつもりは無い。現に、全内漁連の駆除に対する補助金も出しているし、その関係の議員も沢山いる中で日釣振だけを優遇するつもりは無い。その上で、北浦と霞ヶ浦を一つの水域であるとは考えていない。ただそれをつなぐ水路を呼称で厳密に分けることは実際の外来生物法の運用上問題があると言っているだけの事。


今のところ、ここまでしかオープンに出来ませんが、
皆さんの屈託の無いご意見を戴きたいと思います。

唯一つ、オオクチバス・コクチバスを水産として捉える行政の対応に一般人や他の特定外来種を扱う業界の方々の理解は得られるのか?

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
だから、吉田幸二スレで開き直ってるヤシがいるのね・・・・・
例の釣り人何とか官が絡んでるのはミエミエじゃないっすか(w
公務員の利益誘導になるかもね。一部業者団体に対する。
ブラ汁
2007/06/04 20:24
ワンノブさん

お疲れ様です.


先ず確認ですが,下記の部分に係る問題と云うことですね.

「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」
(主務大臣等)
第二十九条  この法律における主務大臣は、環境大臣とする。ただし、農林水産業に係る被害の防止に係る事項については、環境大臣及び農林水産大臣とする。

いわゆる省庁折衝(大臣協議)の項目にあたるわけですね.
岩屋山亜式
2007/06/04 22:36
岩屋山亜式さん、毎度です。

>いわゆる省庁折衝(大臣協議)の項目

その通りのようです。ただ、オオクチバスの場合は、「規制緩和」が論点にされる類の話ではないと思うんですよね、規制強化のための議論なら理解できるのですが…。
One of Bassers.
2007/06/04 22:44
なるほど…

「文化財保護法」にも天然記念物について,似たような規定がありますが,「環境大臣に協議しなければならない」や「環境大臣は意見を述べることができる」ですから,だいぶ重みが違う様ですね.

と云うことは,水産庁はオオクチバスについて責任の半分を持つ,ってことかな…
岩屋山亜式
2007/06/04 23:02
当事者が死んじゃった(w
琵琶湖じゃその当事者の発言を大々的に言い訳にしてきたわけで、メンタリティは仲間っつーことっすか。

ちなみに、久留米ラーメンじゃなく、東京に昔から進出していた熊本ラーメン「桂花」は漏れのフェバレイトな店でした。太麺にコッテリスープ、久留米に近いかも。長浜系も好きですよ。秦野に直系の店がありました。通ってた(w
ブラ汁
2007/06/04 23:45
始めまして。

釣り人が舟で動ける範囲ならよい、ということでは、例えば外来魚の下流から上流への分布拡大速度を釣り人の手によって早めることができたり、将来のエリア的駆除計画に支障をきたす事にもなるかも知れません。

「水産基本計画」にも外来魚の排除は明確に謳われているのですから、水産庁はもっと姿勢をはっきりするべきです。
とおりすがり
2007/06/05 00:00
こちらこそ、はじめまして。

今日も水産庁の方とお話させていただいたのですが、今ひとつぴんと来ないんですね。
今後に期待したいと思います。
One of Bassers.
2007/06/05 22:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
緊急? 外来生物法…実は未だに出来上がってませんでした。 One of Bassers./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる