One of Bassers.

アクセスカウンタ

zoom RSS コメント欄では、厄介なのでこちらに。(前回の続き)

<<   作成日時 : 2007/08/19 15:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

ネット上における最近のC-D氏の言動は、
客観視すれば、
 「私(C-D氏)のブレーンには、自然環境の保全や維持のため、それぞれに事情を抱えながらも最大限の活動をされている方々が沢山いる。そういった方々の活動に対する、ネット上での非難・憶測は、迷惑であると感じる。よって、そう判断できる発言・発信については徹底排除して行きたい。」
となります。
もしそうでなければ、放置する事で何ら問題はないはずです。しかし、放置はされてはいません。
 
現実世界におけるC-D氏と彼のブレーンとの関わりや共有されている情報・価値観といったものは、ネット上でしか情報を受け取れない不特定多数の立場では知る由もありませんし、知る方法もありません。是非、その辺りに対する理解を戴き、パフォーマンスとしてでも結構ですから、以前のように様々な情報を不特定多数に対して提供して頂ければ宜しいのではないかと感じます。



>しかし、上下関係が存在しないなら、
>無条件で相手に責任を求めることは出来ません。
>それを求めようとしているから、
>「他人に責任転嫁してませんか?」となるのです。

私は決して「無条件に」責任を求めた事はありません。
全釣り協には、彼らが、彼ら自身に課した役割がある訳ですから、それを全うして頂きたいと考え発言する事に「責任転嫁」は発生しません。本来の「全釣り協」の持つ使命を全うしようとするならば、以下に示すような各団体とは、ある程度”距離を置く事”が賢明な事はいうまでもないはずです。必ずしも、「いけない事」ではないかもしれませんが、「誤解を生む体質」であることに異論はないはずです。ならば、「誤解されないよう、説明する責任」はあるはずです。
(これが相撲協会と似ている所なのですが…)


全釣り協 平成19年度役員一 覧表
http://www.zenturi-jofi.or.jp/z_towa/19yakuin.htm
全釣り協組織図
http://www.zenturi-jofi.or.jp/z_towa/sosiki.htm

■全釣り協の目標
社団法人全日本釣り団体協議会は、昭和46年に農林水産省を主務官庁として発足。公的に認められた、ただひとつの「釣り人団体」として、諸官庁や都道府県など、行政と釣り人を繋ぐ窓口の役割を果たしています。釣りの健全な発展と、漁場利用問題の解決、漁業関連法規の周知、釣り人としての権利の確保、自然環境の保全、水産資源の保護などにあって、全国的に活動を続けています「わが国唯一の、公認された全国規模の釣り人団体」であり、農林水産省、水産庁、その他関係諸官庁、関係団体に委員を参画させるとともに、各都道府県の「海面利用協議会」や「内水面漁業管理委員」の推薦なども、重要な役割になっています。最近では、環境省、国土交通省などとも、釣りに関係する事柄について意見交換を行っています。
■主たる事業
釣り教室、釣り講習会、水辺の清掃活動などの主催や参画なども、正会員団体の重要な仕事となっており、これに加えて、魚資源の回復に必要な自然環境の保持、復元なども、新たな事業として重点的に行っています。平成4年から、釣り指導員(釣りインストラクター)制度を、農林水産省の指導のもと公認補助事業として発足。平成9年度からは、上級釣り指導員(フイッシング・マスター)制度が増設され、釣りインストラクターへの「活動全般の指導」、「資源の保護、環境の保全」、「正しい釣り文化の伝承」などに積極的な活動を繰り広げることにしています。



財団法人 日本釣振興会 役員名簿
http://www.jsafishing.or.jp/field_b/b_06/index_b_06.html

社団法人 日本釣用品工業会 役員名簿
http://www.jaftma.or.jp/JAFTMA/yakuin.htm

NBC 組織図
http://www7a.biglobe.ne.jp/~one_of_bassers/index.files/File0012_2.jpg
NPO日本釣り環境保全連盟 役員名簿
http://www.npo-jef.jp/jef/yakuin.html
NPO日本釣り愛好者連盟 役員名簿
http://www.tsuritomo.jp/yakuin.html

つり人社 会社案内
http://www.tsuribito.co.jp/company/

特定非営利活動法人 水辺基盤協会  概要
http://npo-mizube.org/about.html
本 部      〒300-0428 茨城県稲敷郡美浦村舟子23 ログハウス

WBS 会社案内
http://www.wbs1.jp/company/outline/index.html
霞ヶ浦事務所 〒300-0248 茨城県稲敷郡美浦村舟子23

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
誰もね、来田仁成氏を否定はしていないと思う。
立派な人物だと思ってる。

バスプロ養成学校に絡む経緯は何なんなのか?
そこが疑問なんだと思う。

2007/08/20 01:49
書きたいことはたくさんあるんですが。

>コメント欄では、厄介なので・・・
 早い話自分のブログ持っているんだったらトラックバックして自分とこで好き勝手に書けば、という話ですわな。

 >「私のブレーンには…(中略)…徹底排除していきたい。」

 当てはまる方がもう一名いらっしゃいますね。

>バスプロ養成学校に絡む経緯は何なんなのか?

 美味しいバイトだから、といったら怒られるでしょうか?(誰に?)
ノラネコ@ネズミは捕らない
2007/08/20 02:05
バスプロ養成学校で美味しいバイト・・・・
要はそういうことなんでしょうけど(w

学校の講義の格は上がりそうですね。
「釣り人」という自称にハクを付けるために利用されないことを祈ります。

2007/08/20 21:39
>早い話自分のブログ持っているんだったらトラックバックして…

そういう事じゃなくて、コメント欄だと単に、リンク先を書き込めないので不便なんですよ。是非、コメント欄を大いに御活用下さいw
とりあえず、來田氏云々でなくて、「全釣り協という組織が道を外さぬよう願ってます。」という叱咤激励なんです。
One of Bassers.
2007/08/20 23:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
コメント欄では、厄介なのでこちらに。(前回の続き) One of Bassers./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる