One of Bassers.

アクセスカウンタ

zoom RSS つり人の立場から聞く、「天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見」

<<   作成日時 : 2007/12/23 10:56   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

「天皇陛下のご発言につきましては、ホームページに掲載されているものが全てであって、それ以上でもそれ以下でもありません。それ以上のコメントは出来ません」
とのこと。
まぁ、それ以上のことを言うと、天皇陛下自身の説明責任が問われかねないので宮内庁としては返事のしようが無いのだろう。

と、12月5日に宮内庁からの回答に対し私がコメントした部分について、「天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見」の中で明確な回答が得られたようなのでお伝えします。
宮内庁の思惑とは異なった展開から、天皇陛下は説明責任を果たされた事になるのでしょう。


以下、「天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見」より抜粋。

問3  生物学者でもある陛下は,外国賓客との懇談で温暖化を話題にされることも多いようですが,自然・環境をめぐる諸問題をどう見ておられますでしょうか。今年は陛下の国民と自然を分かち合いたいとのご意向で,皇居・吹上御苑で初めて自然観察会が開かれたほか,那須御用邸の一部が環境省に所管替えされることが決まりました。一方,11月の式典のお言葉で,陛下はブルーギルの異常繁殖に触れられました。こうした自然財産の共有,式典でブルーギルに触れた発言をされるにいたった思いもお聞かせください。

  天皇陛下  地球温暖化について最近アジア・太平洋水サミットへ参加されたミクロネシア大統領,ツバル首相からは海面上昇の問題,タジキスタン大統領からはパミール高原の氷河の後退の話がありました。今年の東京は暖冬で,初めて雪が観測されたのは3月16日ということでした。明治10年の統計開始以来最も遅い初雪とのことです。このように世界各地で温暖化の問題が起こっており,今後人々の生活に様々な影響を与えていくことが心配されます。現在世界各地で環境に対する関心が高まり,良好な環境の下で人々が暮らせるよう,国境を越え,また様々な分野の人々が協力し合う状況が作られつつあることは誠に心強いことです。世界の国々が協力して地球環境を少しでも良い方向に進めていくことを願っています。
 吹上御苑の自然観察会は吹上御苑を中心とした皇居の生物相を2000年の時点で記録するという科学博物館の生物相調査の結果に基づいて行われました。この調査は動物では1996年から2000年まで,植物では1997年から2000年まで行われ,動物群の中には2006年まで続けられたものもありました。自然観察会ではこの調査をされた研究者が解説に当たられ,調査のときに見いだした知見を観察会の参加者に伝えられました。このことは参加者にとって意義深いものであったのではないかと思います。

 那須御用邸附属地の調査は栃木県立博物館により1997年から2001年にかけて行われ,その翌年に「那須御用邸の動植物相」という報告書が出版されました。この度の環境省への移管はこの調査を踏まえた上で行われました。環境省へ移管された地域が国立公園の一部として訪れた人々の自然への理解や関心を深める上に意義あるものとなればうれしいことです。この地域には炭焼きによる伐採を免れたブナが林になっており,調査した研究者と見に行ったことが印象に残っています。

 ブルーギルのことですが,ちょうど30年前の1977年,淡水魚を専門にしておられた国立科学博物館の中村守純博士と淡水魚保護協会の木村英造氏とお話したことが,淡水魚保護協会の雑誌「淡水魚」に載せられ,その中でブルーギルのことにも触れています。琵琶湖にブルーギルが入ったのは,淡水真珠をつくるイケチョウガイの養殖のために貝の幼生が寄生する寄主としてブルーギルを使いたいということで,水産庁淡水区水産研究所から滋賀県水産試験場に移されたものが琵琶湖に逃げ出したことに始まります。当時ブルーギルを滋賀県水産試験場に移すという話を聞いた時に,淡水真珠養殖業者の役に立てばという気持ちも働き,琵琶湖にブルーギルが入らないようにという程度のことしか言わなかったことを残念に思っています。

 30年前には釣った魚は食べることが普通でした。したがってブラック・バスやブルーギルを釣る人が多ければ,繁殖は抑えられ,地域の淡水魚相に変化をもたらすことはないと考えていましたが,現在は釣り人の間にキャッチ・アンド・リリースの習慣が浸透し,釣った獲物を食べるのではなく,そのまま放すことになったため,ブラック・バスやブルーギルが著しく繁殖するようになってしまいました。キャッチ・アンド・リリースということがこのように一般化するとは,考えてもいませんでした。ブラック・バスもブルーギルもおいしく食べられる魚と思いますので,食材として利用することにより,繁殖を抑え,何万年もの間,日本で生活してきた魚が安全に育つことができる環境が整えられることを願っています。この目的に沿う釣り人のボランティア活動にも大きな期待が寄せられます。

 なお,豊かな海づくり大会の式典で,琵琶湖水系でニッポンバラタナゴが絶滅したことを述べましたが,ニッポンバラタナゴは日本の淡水魚の中で最も絶滅の危機にあるものと思います。それは,中国から移入された体の大きいタイリクバラタナゴとの生存競争において,ニッポンバラタナゴは弱い立場にあることと,ニッポンバラタナゴとタイリクバラタナゴとの間では雑種ができるからです。したがってニッポンバラタナゴのいる池に一尾でもタイリクバラタナゴが入れば,その池のニッポンバラタナゴの純粋性は保てません。現在純粋なニッポンバラタナゴが住んでいるところは,タイリクバラタナゴのいない閉鎖水域だけになってしまいました。誠に厳しい状況にあると言わなければなりません。タイリクバラタナゴは美しい魚ですので,水槽で飼い,その後池や川に放したことにより,各地にタイリクバラタナゴが繁殖するようになったのではないかと思われます。ニッポンバラタナゴはこのような危険な状態にあるので,タイリクバラタナゴが放される心配のないところで飼育することが必要と考え,大阪府八尾市産のニッポンバラタナゴは赤坂御用地内の池で,福岡県多々良川産のニッポンバラタナゴは常陸宮に頼み,常陸宮邸内の池で,それぞれ1983年以来飼育され,ニッポンバラタナゴ研究会が随時調査をし,また研究に用いています。

 日本は大陸と離れていた期間が長く,日本の中には琵琶湖のような古い湖,本州などと長い間隔離されていた島々があり,非常に多くの固有の生物が住んでいます。このような生物が今後とも安全に過ごせるよう日本人皆で守っていきたいものと思います。


これに記載された
「ブラック・バスもブルーギルもおいしく食べられる魚と思いますので,食材として利用することにより,繁殖を抑え,何万年もの間,日本で生活してきた魚が安全に育つことができる環境が整えられることを願っています。この目的に沿う釣り人のボランティア活動にも大きな期待が寄せられます。 」
という言葉によって、つり人社の以下の記事は完全に否定されたことになります。特に「永いときを経て琵琶湖に適応して生息している生物」という括りの中にブルーギルとブラック・バスが含まれない事が明確に語られています。

11月11日、滋賀県大津市で開催されていた「全国豊かな海づくり大会琵琶湖大会」というイベントの中で天皇陛下のご挨拶があった。その内容について朝日新聞などは、「琵琶湖のブルーギル繁殖し心痛む。天皇陛下ご挨拶。」という見出しで報道した。ご発言の一部を流用して書かれた記事は、天皇陛下のご発言が外来種の駆除を後押しするとするものだが、後日宮内庁のホームページに発表された全文を読んで分かるのは、朝日の報道が、ご発言の趣旨を曲げたものであるという事だ。
お言葉の全文を読むと「琵琶湖のブルーギル繁殖、心痛む」という部分など無い事が分かる。関係各所の無用な責任問題に発展しないよう各方面に配慮された内容になっている。また、人間の経済活動による水の汚染や産卵繁殖の場である植物帯の減少などに満遍なく触れられている。
そうした中で大切なのは、
「永いときを経て琵琶湖に適応して生息している生物はかけがえの無い存在です。」
という部分ではないだろうか。この土地の水に適応して何とか生きている生物を差別せず、大切にしようというシンプルかつ普遍的なメッセージを伝えようとしているのではないか。植物帯の保護や水辺のゴミ回収による水質改善など、場つくり、器つくりに力を注ぐ事が大切なのではないだろうか。

(月刊バサー、2008年1月号153ページより記憶の範囲内で抜粋。)

さてどうする、つり人社、その取り巻きの茨城の人、釣人専門官。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
実は23日って私の誕生日であったりして・・・(マジです)


いろんな転機になりそうなお言葉ですよね。
ブラ汁
2007/12/26 20:48
ノラネコさん、ブラ汁さんこんな過疎のブログにコメントいただき有難うございます。
私がこうしてブログに発言し続けている理由は、「バス釣り人」の中に含まれる「趣味としてのバス釣り人」と「職業としてのバスつり人」を明確に分けた上で「バスの商業利用」を阻止したい為です。
本来なら、商業利用も問題なく継続できるはずだったのに、業界の中枢にあるつり人社や日釣振・全釣り協の対応があまりに稚拙なために多方面の反感や不満を増殖し今に至っているわけです。これを「改めなくてはならない」と感じる方々を少しでも増やせればという思いからこういった行動をしています。
と言う事で、
今後ともよろしく御願い致します。
One of Bassers.
2007/12/28 22:22
あけましておめでとうございます。
最新の記事にはコメントしづらいので(笑)こちらに。

>さてどうする
どうもしないでしょうねぇ。今度こそ。最初から黙殺しろよって話ですけど。どうしようもないし、やぶ蛇だったわけだし。
よほど「お言葉」が気になったのか、何か書かなきゃ行けないと思ったのか。そんなに影響あるものなのか。
どうもわかりにくいんですよねぇ。

長野のリリ禁に対してもそう。
最新号のBasser掲載の水口センセの文章みても、「この人は何がしたいんだろう?」と思うばかりで。

どうなることやら。

まあ、何はともあれ、今年もよろしくです。
ノラネコ
2008/01/01 22:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
つり人の立場から聞く、「天皇陛下のお誕生日に際しての記者会見」 One of Bassers./BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる